こんにちは。増田ゆきです。

今日はずっと書きたいなと思っていたことを。

こんな風にデザインのお仕事をするようになって、
お客様のご希望をききながらも
自分の感性で作りたいものを作らせてもらって。

表現したい気持ち。
自分の中にあるものを外に出したい気持ち。
目に見える形にしたい気持ち。

そんな欲が私は強いので、それが叶うお仕事だなぁって
このお仕事をしていて、よく思います。

表現している人をみるのも好きなのだけど、
結局はやっぱり最後には
表現する方になりたいと思う人です。

「見るのが好きな人もいればやるのが好きな人もいる。」
そうやって世界って需要と供給(?(笑))が一致して上手に廻ってると聞くけれど、
それを思い出す度
私はやる方がいつだって好きだなって思います。

そして
今はデザインすることで表現者になれて、楽しいから、その様子を見て
「ゆきちゃんを見ていたら、私も本当にやりたいことをやってみようと思えて動けるようになったよ」っと
言ってくれる人が出てくるようになったのですが。

実はそれを耳にした時、
『そんな風に感じてくれて嬉しいなぁ』と一緒に

ちょっと焦りみたいな気持ちが沸いたのです。(笑)

なんでだろ。
なんで焦ってるんだろう。って不思議だったのだけど。

それは今なら分かる。(笑)

なんでだと思う??!

・・・

わかった??(笑)

・・・

それはね(コソッ(笑))

私も『本当にやりたいこと』やってなかった、っぽいから!!(笑)衝撃(笑)

お!ちょうど『衝撃!』っぽい写真発見!
12745455_827354834041835_6293956362104240838_n
しょーげき。私自分でもやりたいことやってる人だと思ってた(笑)

だっふんだ(笑)みたいな写真もあった!
12715225_827354850708500_2079206507971463193_n

心の声は『やっべ、あなたは本当にやりたいことやってくの!??私は??!私やれてないのに!??!』
みたいな感じだったのかな。

やりたいことはやってるの。
デザインも楽しいし、
やりたくないことは去年からどんどん選ばないようにしてきたから
今私の生活ってシンプルで。

やりたいことやってるの。

でも、『本当にやりたいこと』とその『やりたいこと』は違って。

今私がやってる『やりたいこと』は
・選んでも違和感がない
・わりともうすんなりできてることで
・誰に言っても驚かれないで
要は、既に手元にある中から選んだやりたいこと。

『お金払ってでもやりたいこと』かと言われると、
今の私にとって
デザインは『無償でもやっちゃうこと』かな。

そして『お金払ってでもやりたいこと』は別のところにありました。

それは
・誰にも言ったことがなかったから
周りの人にとったら突拍子もないようなことで
・今時点で成果物があるわけでもないことで
・それはこれからどうやってどんな形になるのか分からない
要は、既に手元にはあるわけではないもの。

と。もっとシンプルにいうと、

えっ?そんなこと今からやって何になりたいの?
えっ?そんなことやりたかったの?
今から手に入れてくの?

って思う周りの人もいるだろうし
自分自身も自分に言っちゃうようなそんなこと。

でもっと
そんなことを自分に言い続けてると

直接的にお金を産むわけでもないし
既に手元にあって何か活用してるわけでもないので
やらなくても生活に困らないわけだから、

やりたかった想いに
いつの間にか
蓋をしちゃうのです。

私は、自分でも気が付かないうちに

つい手軽に手に入る『やりたいこと』だけしか見ないようにして
(だってもう出来ることだしね)

本当の気持ちを見ないようにしちゃってたようです。
(もちろん、手軽に手に入る『やりたいこと』が『本当にやりたいこと』と一致しているならいいけれど。)

ここまできて、『あぁ、私ずっとこれやりたかった。』ってやっと思い出しました。

もっともっと若い10代の頃から。
いや、10歳になる前から好きだった。

それが仕事になるのか
何か成果物がもぎとれるのか
どうなのかが大事なことじゃなくて、

それをやってるとすんごい楽しくて好きのパワーってすごいなぁって感じられるし、
もっともっと上手になりたいって
何か(成果物)と引き換えにしなくても単純に思うのです。

と、前置きが長くなりましたが
そんな出来事が数日前にありました。

ボイストレーニングに通うことにしました。(さらっという(笑))

歌が好き。自分の声が体に響いてるのを感じるのが好き。
綺麗な声が出たら最高に嬉しくなる。
色んな声を出してみたい。

自分が出しやすい声を知りたい。
本来の自分の声を知りたい。
もっともっと自分の声を知りたい。

私は基本的には自分の声があまり好きじゃないし、声量もないし、歌もけして上手いわけじゃなくて。
だからこそ、ボイストレーニングとかに通う人って歌が上手くてプロの歌手を目指す人だけなんだろうなぁって
敷居を高く見てたけれど。

歌うのが好きで
自分の声をもっともっと上手に響かせてみたいと思うなら、
それだけでなんの断り(理由)もいらないじゃん、と思えるようになりました。

それから、
実はこれまでに生きてきて
声が出なくなる経験も何度かしてきました。

いろんな理由があるのですが、いまでもそうなることがあります。

そんな経験からも、『声』に憧れて
自分の声をもっと好きになりたいと思う気持ちも強くなっていったんだと思います。

『本当にやりたいこと』、お金を払ってもやりたいこと。
これは今の私にとって『自分の体の中を「心地いいなぁ」って自分で自分を癒せる声で響かせる』ことでした。
(ながっ!!)

実はもう一回行ってきたのだけれど、
すんごい楽しかった!
帰り道、好きのパワーが渦巻いて感じずにはいられなかった!

そしてこれまた
話し方と歌のトレーニング両方が出来る先生に一発で出会えて。
なんて上手に出来てるんだろうって、采配に感謝。

『本当にやりたいこと』が出来ていれば
(そして『夢を叶えられる自分を信じ』られれば ※この話は今回していないけれど)

周りの人が輝いていることを心から応援できます。

『本当にやりたいこと』が出来ていないと
私が焦ったように
何かモヤモヤっとした気持ちが沸いてくるはずです。

そしてその前の段階、
『本当にやりたいこと』なんて分からないってこともありますよね。
(私もやっとここにきて見えてきた。きっとこれからも隠れてたのが顔出してくるだろうな。)

段階があってその段階ごとに大切な整え方があります。
この段階、飛ばさないでちゃんと一つずつ登っていくのが大切。

またいつかお話します♡

今日は、長々と聞いてくれてありがとう♡


SNSアカウントを使ってもコメントができますので、ぜひぜひ。