こんにちは。販促物つくる人、増田ゆきです。

先日の個人カウンセリングの際にもご質問をいただきました。

  • 自分のホームページって必要なの?
  • 持つタイミングってあるの?

同じようなご質問は度々受けます。その際私はこう答えています。

必ず持たないと「いけない」といったような「いけない」はありません。
自分のホームページ持っていなくても、ご活躍されらっしゃる方はたくさんいるし、必ず「こうでないといけない」といったものは無いと私は思っているからです。
なので「持ちたいな」と思った時がタイミングだと思っています。

私は基本的に、他のことでも「こうでないといけない」は出来る限り持たないようにしています。
それは時に不要な思い込みになったりして、制限になったりして、勿体ないからです。

ぱっとみ「正論!」と思うようなルール(方法や手段など)はこの世の中にたくさんあります。
でも、それがみーんなに当てはまるかというとそうでないのです。

みんなそれぞに色んな道があるのです。

話ずれましたか?(笑)

私が関係している仕事のことでいうと
「集客の為にFBはやってないといけない」
「ブログの読者登録を自ら積極的にたくさんして、認知をあげないと話にならない」
とか色んな方法を聞きますが、絶対そうでないと「いけない」なんてないと私は思っています。

ましてや「これはダメ」という話でもなく、好きなものを自分で選べばいいのです。
もちろん「こうした方が見やすいよ」「こうした方が多くの人に知ってもらえるよ」という側面もそれぞれにあるので、やりたいなと思うものからやればいいのです。

話逸れましたか?(笑)二度目。

ということで、今回のホームページって持つべき?タイミングは?という話に戻すと。

  • 「ホームページを持ちたい!」と思った時が熟した時。
  • ホームページ持ったらワクワクしそう、やる気がでそう!と思った時が熟した時。

逆に、持った方がいいって聞くからあまり心は乗らないけれど・・・なら作らなくていいんじゃない、と思います。

もちろん

  • ホームページを持ってるサービス提供者さんは、信頼感がありますし(ホームページの作りによってはならない場合もあり)
  • 例えばアメブロなどのブログで集客される場合は、いつ記事が消されるかサービスを打ち切られるか分からないといったデメリットがあったり
  • アメブロなどは決まった大枠の中でしか魅せられないけれど、ホームページでは自由にサイトを作り込めるとか

具体的なメリットデメリットはあります。

あとねもう一つ後から思ったのですが。これもあるかな。

例えば私のホームページ制作だと現在は45万円〜(ご依頼が集中しており新規お申込みは止めています)の料金なのですが、この料金を「私、回収できる!する!」と自分で思えているかどうかも判断ポイントだと感じます。

ここでいう「私、回収できる!する!」っていうのは、現時点の状況は関係ないのです。
自分の中の気持ちです。

ある意味「覚悟」とも言います。

そしてそれは誰にでも本来できるはずで、あとは自分が決めるだけなのです。

制作料金なんて回収絶対できます。
この覚悟ができて、その後思いつくものに取り組んでいけば。

達成できないような金額に思えるあなたは
まず達成できるサービス作りから考えましょう。
なん十万円の売り上げが欲しいのなら、数千円のサービスだけを揃えていても難しいのはなんとなく分かりますよね。

料金と内容を見直すのか。
サービスを増やすのか。
このサービスを3つ売れば40万円になるな、といったように、現実的な落とし込みをしましょう。

今あるサービスで達成できそうと思うあなたは
あとは魅せ方や内容の工夫に取り組むといいでしょうね。

といった具合に「制作にかかる費用は回収する!」といった意識になれれば、あとはどうゆう風に組み立てていこうか頭が働き始めます。

ホームページ制作は現在止めておりますが、自分HPプログラムというホームページの立ち上げ導線作りページ作成などマンツーマンでバックアップさせていただくコンサルサービスを新しく始めたのでそちらをご利用ください。(現在0期は満席となり、1期は募集前です。)

只今募集中のセミナー

当日、履いてこられた靴をみて簡単なアドバイスもしてくださります。
北海道よりお越しくださる、珍しいフット専門家の村上陽子さんのセミナー。
ぜひ一緒に学びませんか?

残1!【セミナー開催】一生もののお話「目からうろこの足と靴のセミナー」
現在のところ、残り1名様となっております。

poppyou公式LINE@では朝7時になにかしらを配信中。たまに特典や先行案内。

登録は下記バナーをクリック!

LINE@でお会いできること
楽しみにお待ちしております(๑˃̵ᴗ˂̵)


SNSアカウントを使ってもコメントができますので、ぜひぜひ。