トップレベルドメインについて

「.com」「.net」などのことです。
こちらのサイトですと、poppyou.comがURLですので、トップレベルドメインは「.com」。

このトップレベルドメインには

  • 世界の誰でも取得できる
  • 条件を満たした人が取得できる

ものがあります。

トップレベルドメインはたーっくさんのものがありますが、ここでは有名なものを少しだけ紹介。

.com / 世界の誰でも取得できる

「.com」は最初にできた3つのドメインのうちの一つというこで、全世界で登録されているトップレベルドメインのうち約77%を占めており、そのシェアから世界的な認知度・信頼度がある人気ドメイン。

用途 商業組織用
補足 commercialを省略したもの。用途は、商業組織用となっていますが、実際には、利用用途を意識して使われていないことが多く、商用でなくても利用可能。個人使用で使っても問題ありません。

.net / 世界の誰でも取得できる

こちらも最初にできた3つのドメインの内の一つということで、昔からよく見かけるため、印象がよく人気なドメイン。

登録数では.comに次ぐ。

用途 元々はネットワーク用
補足 ”network”の略で、元々の用途のとおり、ネット関連の事業や団体などに好んで使われる傾向があります。が、用途に関係なく世界中誰でも取得可能。

.org / 世界の誰でも取得できる

読みは、ドットオーガ。

用途 非営利団体用
補足 こちらも.netと同じく、用途に関係なく世界中誰でも取得可能。営利目的のサイトで利用しても、違和感があるくらいで罰せられたりはしません。

.jp / 日本国内に住所を持つものが取得できる

こちらも昔からよく見かけ、印象は良いのですが、取得費等が高めです。

用途 日本国内に住所を持つ個人、団体、組織が使える。

結局どれがいいの?SEOに有利なのは?

やはり、信頼感があるドメインが良いと思うので、特にこだわりがなければ、個人的には.comまたは.netをオススメします。(料金の関係で.jpをオススメすることはほとんどありません)

その二つの中でも、どっち?!となったら、認知度が一番高い.comかと。

トップレベルドメインのSEOへの優劣はない

そして、Googleは「トップレベルドメインによるSEOへの優劣はない」と公式に発表しているようなので、どれを選んでもSEOには関係がないようですね。

「.comの方がSEOに強い」「.infoだからSEOに弱い」といったことはないということです。

新トップレベルドメイン

上記のようによく見かける.comなどの他にも、.me、.info、.bizなどといった新しく追加されたトップレベルドメインもあります。

先ほど記載したとおり、SEOには優劣がないのですが、認知度が低いトップレベルドメインはユーザーに良くない印象(信頼感が低いなど)をもたれる可能性はあります。

その辺りを踏まえつつ、どこまで何にこだわるのかなど考慮して選んでください^^


SNSアカウントを使ってもコメントができますので、ぜひぜひ。