お久しぶりです。

これからの予定として
春頃に「poppyou school くりえいてぃ部」という
販促物を作る基礎講座の第一期生を募集しようと思っています。

今のところ考えている内容は

●デザインソフト【Photoshop】
・とはなんぞや
・ダウンロード
・初期設定
・よく使うツールの使い方

●センスの磨き方
・身近なもので無料で学べる
・自分の「好きを知り」「作りたいを作りやすくする」方法

●すぐに使える、すぐに出来るデザインの方法として数パターン実践

●他には
・写真から人物などを切り抜く方法
・写真の色調整
・自分の写真を加工してみる
お肌を綺麗にしてみよう、足を長くしてみよう(とかもいいかな(笑))
・情報整理とデザイン

●最終的に何か作りたいものを一つ、作り上げてみてもらいます
(事前にこんなものを作ってみたいを教えてもらい、そこに向けてレクチャー出来るようであればしたいと思っています)

です。

そしてスクールに入ってもらっている期間は、集まった生徒さんと私でFBグループを作って質問などはそこでシェアしてもらい、私が答えるのはもちろん、生徒さん同士でも分かる人は教えてあげてもらって・・・など出来ると、教えることができる生徒さん自身の知識も強くなっていいなぁなんて、気が早いんですが、そこまでイメージで考えています。

こんな人にならきっと喜んでもらえるだろなという人は・・・

  • もともと「手作り」が好き!
  • 自分でやるのが好き!
  • 私って職人気質♩という方
  • 私、「増田ゆき」が好き
  • 私、「増田ゆき」が作っている販促物が好き(ここがたぶん1番大事)
  • あれもこれも作ってみたい!!!
  • センスがあると良く言われる、でもそれを何で表現すればいいのかまだ掴めていない
    (↑この方はPhotoshopの使い方を覚えたら、そっこー開花するんじゃないかと思います)

逆にこんな人だとうーん、なパターンは・・・

  • Photoshopの使い方だけ知りたい。使い方を網羅したい。
  • 私、「増田ゆき」が作っている販促物にピンとこない方。

そしてこんな方でも大丈夫です♩

  • はじめてPhotoshopに触る。
  • 自分はセンスのある方だと思わない、という方。

いくつかよく使う、使えるテクニックをパターン化するので、まずはその通りに手順をふめば誰にでも作れます。(バナーなど)

そこからそのテクニックをどう使っていくのかは、個人個人、あなたの個性で味を出していってください。

やってみたい気持ち、ワクワクする気持ちが一番大事です。

そしてこの講座は、一番最初のステップ「基礎」を学ぶ講座となります。
「ビジネスとしてやっていくために」を学ぶ講座ではありません。
が、「ビジネスとしてやっていきたい!!」のきっかけになる人も出てくるのではと思っています。

どんどん吸収して、あれを作ってみたい、これどうやったら出来るんだろう、と進んでいかれる方は、すぐに開花してお仕事としてデザインが出来るようになると思います。(私自身もそうだったので)

私は今、販促物を作るお仕事をしていますが、もともとそんなことが自分に出来ると自信があったわけではありません。
今でも「デザイナー」と言われるとちょっとくすぐったくなります。

そんな私がこのお仕事につく、もともと最初の気持ちってなんだろうと、この講座を練っていくうえで考えたら、「自分で作れる」という楽しさが原点でした。

よく分からないながらも、「こゆのやってみたい」という気持ちから子供の保育園の提出物をデザインしてみたりしていました。
作りたいものを思うように作れなかった期間も長くて、今もまだまだですが、あの時この辺りをさくっと教えてくれる人がいたらもっと効率よく時間を使えたなぁとは思います。

そしてこのお仕事をしていていつも感じていたのは、私の表現の一つだなということ。
私というフィルタを通して表現したデザインを喜んでもらえることも嬉しいし、表現ができる場所があるって本当に嬉しい。
というところ。

これって、私のような人はきっと他にもたくさんいるので、最初の使い方やパターンを覚えたら、その後は早いと思うのです。

自分で作れるって楽しい!!を感じてもらえたら、嬉しいです。
「私、センスあると思うのだけど、これ何で表現したらいいのか分からなかった」という方、これをひとつのきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

ドンドン創造的になるスクール!
創造的脳になるスクール!
作れる!楽しさを120%味わうスクール!
にしたいです。

まだまだ内容を詰めて、テキスト化して、場所も決めて・・・と道のりがありますが、春頃には募集できるように頑張ります。

いつもありがとうございます♡(突然お礼(笑)今日誕生日です!♩)

と、ここまで書いたらやるしかないぞー!!!!(笑)


SNSアカウントを使ってもコメントができますので、ぜひぜひ。