「色の置き換え」ツールで色を変える

自分でヌリヌリ塗ったところの色が変わります✨

適しているのは……

  • 色を変えたい部分が「パキッ」と、周りとの色の差がはっきりしているもの
  • 手軽にサクッと変えたいとき
  • 影が濃く入っているものは(影の色が変わらないから)適していない
こゆの

手順

1)「ブラシツール」から「色の置き換えツール」を選ぶ

ブラシツール > 色の置き換えツール

2)オプションバー
  1. 塗りやすいサイズに調整
  2. 「カラー」を選択
  3. 「サンプル:一度」を選択
  4. 「隣接」を選択
  5. 許容値は塗りながら調整(20%くらいにして様子見ながら数値をあげてみる感じで)
3)描画色を置き換え後の色にする

置き換え後の色を、描画色にしておく。今回は「左の緑色を→右のオレンジ色と同じにしてみる」ので、描画色の上をクリックして出てくるスポイトで、右のオレンジ色を抽出。

4)ひたすら塗っていく

あとはひたすら塗っていく〜。

「最初に置いたポイント」を基準に、あとは許容値の設定で、塗り変わっていきます。

POINT

置き換わる範囲が小さければ、許容値をあげてみる。逆に、「そこまでは変わってほしくないのに!」というように大きく置き換わってしまうのならば、許容値をさげてみる。……というように、調整をする!

5)完成!
……ちょっと緑の残骸(影)がみえーる(笑)

「色の置き換え」機能で色を変える

「このあたりの色」を変えたい!と一点抽出して、あとは「許容量」で調整しながら一気に色を変えます✨

さっきのは「色の置き換え」ツール。で、こちらは「色の置き換え」機能。別のものです。

適しているのは……

  • 置き換え範囲が広いとき・たくさんあるとき
  • 複雑な形のとき
今回はこれを使って

手順

1)「色の置き換え」を開く

イメージ > 色調補正 > 色の置き換え

2)置き換えたい部分の色を指定

一番左のスポイトで、置き換えたい部分の色をクリック。そうすると、カラーの色がソレになります(この場合は黄色)。

3)選択範囲は許容量で調整可能

今クリックした部分を基準として、あとはこの「許容量」のスライドを動かすことで選択範囲が調整できます。

4)置き換えたい色を指定する

最後! 右下の「結果」というところをクリックして、置き換え後の色を指定。「色彩」「彩度」「明度」のスライドを調整してもいい。あとは「OK」をクリックして確定。

5)完成!
すごいお花になっちゃったけれど(笑)

選択範囲を指定してから色を変えるVr.も!

選択範囲を指定してから、色を変える方法もあります。2つご紹介!

その1)選択範囲を指定してから「色の置き換え」で色を変える

上記の「色の置き換え」(選択範囲を指定せず)だと、他の似たような色も置き換わってしまう……というときは、こちらの方法で!

選択範囲を指定してから、さきほどの「色の置き換え」を使っても。上記で説明しているのでここでは簡単に。

この子の赤いお洋服の色をチェンジ!
手順

すでに選択範囲を指定しているから「許容量」を最大限に高くして服全体が置き換えられるようにする(ざっくりな選択範囲を指定している場合は、調整してください)。

完成!

その2)選択範囲を指定してから「色相・彩度」で色を変える

ちなみに、同じように選択範囲指定するところまでは同じで、こんな方法もあります。

同じく、またこの子の赤いお洋服の色をチェンジ!
手順
1)色を変えたい部分を選択範囲で指定
2)「色相・彩度」を選択
3)色相・彩度・明度のスライドで調整

スライドを動かして色を変えます。

4)完成!
空の色を変えるときに使える!

ちなみにこのやり方は、空の色をささっと変えられるので覚えておくと◎✨ 簡単にいろいろなニュアンスを出せます。

こゆのの空の色を簡単に色味調整

自動選択ツールetcで空を選択 > できたら一度、クイックマスクモードにして選択漏れがないか確認 > あればブラシで塗る > クイックマスクモード解除

そこから

「色相・彩度」を選択 > スライドを動かしてお好みの空を作ってみてください。

他にも……

「レンズフィルター」で色味を足しても、ニュアンスが✨

この記事を書いた人

ポピュー代表・販促物デザイナー&プロデューサー
増田ゆき

お読みくださりありがとうございます! 記事のシェア、大歓迎です。引用の場合はぜひURLを添えてくださいね。

また、もっと情報を受け取りたい(ブログ更新情報・新サービス優先告知・無料相談会etc)あなたはメルマガLINE@も登録してみてくださいね★


募集中のもの!!

現在ありません。

SNSアカウントを使ってもコメントができますので、ぜひぜひ。